読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

聖和記念病院からの「お知らせ」

医療法人せいわ会 聖和記念病院からの「お知らせ」です

27年7月2日 熱中症に注意しましょう 

熱中症は、高温多湿な環境に長くいることで、徐々に体内の水分や塩分のバランスが崩れ、体温調節機能がうまく働かなくなり、体内に熱がこもった状態を指します。屋外だけでなく室内で何もしていないときでも発症し、救急搬送されたり、場合によっては死に至ることもあります。

                    (厚生労働省ホームページ 「熱中症予防のために」より)

少しでもおかしいと思われたら、医療機関を受診しましょう。

 

 無理な節電はされず、適度にエアコン等で温度湿度の管理を行いましょう。

◆当院でも、熱中症に関連するパンフレットを1階ロビーの“病気に関する情報冊子”コーナーに準備しています。ぜひ、手に取られてお持ち帰りください。